京都党市会議員団ブログ

京都党市会議員団ブログ

2017年12月26日 11月議会を振り返って

9月の決算議会で、大変な財政状況の中まだまだコスト意識の低い側面があることを指摘し、改善を求めてきた矢先、今回の11月では公務員のボーナスアップの議案が提出されました。ボーナスアップの理由は、市内の民間事業者の給与が上がっており、京都市公務員がその額を下回ったためというもの。しかし、財政が傾いている中到底納得できるものではなく、京都党は反対をしました。民間に合わせて給与を引き上げる行為は全国の自治体で実施されていますが、“必ず民間に従って引き上げなければいけない”というものではないだけに、京都市内での意識改革がなされていないことが一番の課題です。京都市会議員は厳しい財政状況を受け報酬の10%カットを実施しておりますが、行政の中にも、慣習に囚われず実態に即した人事運営がなされることを今後も強く求めるより他ありません。

その他にも、京都市が住友重機械工業に対し184億円に及ぶ損害請求を求めてきた焼却灰溶融炉施設の裁判がほぼ勝訴で安堵したものの、次は京都市の国民健康保険や税などのシステムを刷新する大型汎用コンピュータのオープン化事業の契約不履行による新たな裁判に突入し、連日委員会で厳しい追及がなされました。いずれも、もし京都市の訴えが認められなければ多額の損失は市民の血税で負担しなくてはなりません。今後二度とこのような契約不履行が発生しないよう強く求めました。

2017年12月26日 | | Page Top

2017年12月25日 第2回江村りさ車座集会について

今回のテーマ 「観光」

観光に湧く京都市。
その一方で、市民からは民泊やバスの遅延・混雑など心配や不満の声が聞かれます。
今回は、市内の観光客増加に対するお困り事、観光に期待することなどをざっくばらんにお聞かせください。
京都党がかねてより提言し、新たに実現しました宿泊税についてもご紹介します。


江村りさ車座集会 お申込み
・開催日 2018年1月27日(土) 13:30~15:00
 
・会場  江村りさ事務所 
     京都市右京区太秦和泉式部町13-2 大村ビルB

・会費  無料 ※定員は10名程度とさせていただきます。

お申し込みは江村事務所(電話075-354-6225)まで
FAX用紙・車座集会詳細はこちら

2017年12月25日 | | Page Top

2017年11月15日 9月議会を振り返って

9月議会は序盤から揉めました。9月下旬、衆議院解散の意向が示されると、10月末までタイトに埋まっていた議会日程は早々に中断の話が持ち上がりました。市会議員にとって最優先すべき公務は議会ではないのでしょうか。国政選挙の応援のために決算審議を短縮するなど納得いくはずもありません。これまでの国政選挙が市議会日程と重なる度に警鐘を鳴らしており、今回も京都党として反対の意向を表明しました。国政選挙の応援を優先する会派多数で中断となりましたが、慣習的に行われつつあった審議中断を改めて精査する問題提起は今後の意思決定に影響を与えそうです。

また、本題の決算も苦渋の末、「不認定」との決断をしました。財政状況はいよいよ深刻で、予算不足分を大幅に将来世代の負担に頼らざるを得ないものでした。この状況下でもなお、支出の抑制は不十分で「DO YOU KYOTOキャンペーン」をはじめとした啓発啓蒙事業への効果不足を指摘しました。その他、備品購入に関しても不要な物品購入が目立ち、全庁的なコスト意識は希薄なままです。財源に余裕があればやるべき事業はもっとあります。しかし、将来世代に負担してもらってでもすべき事業なのか、財源の余裕なき今、本気で向き合わねばなりません。


2017年11月15日 | | Page Top

page top

京都党市会議員団ブログ公式ウェブサイト 地域政党 京都党公式ウェブサイト

京都党市会議員団
〒604-0925
京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488
TEL 075-222-4035
FAX 075-213-3301